Top >  鬱の治療(休養と薬物療法) >  「病気発症」「治療改善」を認識し、人生あせらずゆっくりと

「病気発症」「治療改善」を認識し、人生あせらずゆっくりと

鬱病を始めとする心の病気には、

残念な事に、まだ偏見や誤解があるんですね。


患者さん自身も悲観したり、

自分を責めたりしがちなんです。


しかし鬱病も一つの病気であり、

十分治療が可能なものなんです。


自分がそういう病気になったという事を客観的に認識し、

必ず良くなる事を理解して、

治療に専念する心構えを持つ事が大切です(^-^)


鬱病の治療では、

自分の力だけで治そうとしない事、

回復を急がない事も大事なんですね。


抗鬱薬などを服用して、

不安感や不眠などの症状がやわらいだとしても、

良くなった、完治したなどと決して自己判断してはいけません。


症状などによって個人差はありますが、

一般に鬱病の治療には半年から一年かかります。

結果をあせらず、気長に治療に専念しましょう(^^)


十分に休養しながら薬物療法を始めると、

普通、一ー三週間で気分が良くなったように感じ、

二ヶ月くらいで躁鬱状態からも抜け出せるようになるんです。


この時期には、

職場復帰などなど、

通常の生活に戻る事も考えられます。


しかし、この段階では

まだ良くなったとは言えません。


鬱病は症状が消えても、

その後の六ヶ月くらいは

再発のリスクが残っているのです。


ここで安心してしまうと、

また、スタートからやり直す事にもなりかねません・・・。


治療は更に長びいてしまうんですね・・・。


治療は毎日スムーズに

回復するわけではないんです。


今日は気分が良くっても、

翌日から憂鬱になる事もよくよくあります。


鬱病はこうした「一進一退」を繰り返し、

薬とも長く付き合いながら

良くなって改善していくという事を理解しておきましょう。

         

鬱の治療(休養と薬物療法)

鬱を良くする一番の方法は、
しっかりと休む事と適切な薬を飲む事です。

他にも患者さんに合わせて、
たくさんの治療法があります。

どんな薬があるのか、
どんな治療法があるのか知っておきましょう。

このカテゴリ内の記事


診断の始まりは情報収集
薬以外の治療方法
「休む事」が一番の治療法
「病気発症」「治療改善」を認識し、人生あせらずゆっくりと
絶対に自殺はしないこと!