Top >  鬱の治療(休養と薬物療法) >  絶対に自殺はしないこと!

絶対に自殺はしないこと!

鬱病では、生きているのが辛い、

死んでしまいたい、という絶望感に

おちいる事がめずらしくありません。


むしろ鬱病患者さんはほぼ、

そういう思いに呑み込まれます。


特に回復期によく見られるので

周囲も最善の注意が必要です。


なぜかというと、

回復期は行動力が出てくるからです。


まず、本人が「死にたい」と思うのは病気のせいであって、

自分の考えではないという事を自覚する事。


そして、

「絶対に自殺はしない」

と心に決める事がとても大切なんですね。


病気は、休養したり薬を飲んだからといって、

急激に良くなるわけではありません。


しかし、ゆっくりゆっくりですが

回復します。


階段を上るように、少しずつ少しずつ、

時には踊り場で休むような形で、

快方に向かうのです。


医師から処方してもらう薬と共に、

「時間」という薬を忘れないで下さい☆


自殺は絶対に、

絶対にしてはいけません!


あきらめないで下さいね。

         

鬱の治療(休養と薬物療法)

鬱を良くする一番の方法は、
しっかりと休む事と適切な薬を飲む事です。

他にも患者さんに合わせて、
たくさんの治療法があります。

どんな薬があるのか、
どんな治療法があるのか知っておきましょう。

このカテゴリ内の記事


診断の始まりは情報収集
薬以外の治療方法
「休む事」が一番の治療法
「病気発症」「治療改善」を認識し、人生あせらずゆっくりと
絶対に自殺はしないこと!







Yahoo!ブックマークに登録