Top >  鬱に使われる薬の種類と特徴 >  薬物療法では「抗鬱薬」を使用します

薬物療法では「抗鬱薬」を使用します

鬱病の治療は、

身体的な治療と精神面での治療の

両方で進めていくんです。


具体的には、休養と薬物、

精神療法の三つが柱となるんです。


心の病気に薬物を使う事には、

抵抗を感じる患者さんもいるようです。


鬱病の憂鬱感や不安、緊張などの症状には、

脳内の神経伝達物質の異常が関わってくるんですね。


その状態を正常に戻す為には、

薬の力が必要なんです。


鬱病で使われる薬は、

脳の神経系に働きかけて、

精神状態や行動を変化させる機能があります。


抗鬱薬を主として、抗(向)精神病薬、気分安定薬、

抗不安薬、睡眠薬などを、

症状によって使い分けているんです。


薬物治療の中心になるのが抗鬱薬です。

躁鬱感や不安、あせりなどの症状をやわらげたり、

意欲を高揚させる効果があるんですね。


不眠などを改善する作用もあるんです。


現在日本で使われている抗鬱薬には、

主に三環系抗鬱薬、四環系抗鬱薬、

SSRI、SNRIの四種類があるのです。


これらは効き目のある症状や

作用の強さがそれぞれ異なるんです。


効き方にも個人差があるので、

患者さんの体質や症状に最適のものが

選ばれて処方されるんですね★

         

鬱に使われる薬の種類と特徴

治療を進めていくなかで、
薬を服用する場合があります。
鬱病を改善する為に
薬についての知識を身に付けましょう。

このカテゴリ内の記事


薬物療法では「抗鬱薬」を使用します
薬の効き目は二ー三週間後以降
副作用が出た場合は医師に相談しましょう
気持ちが不安定な時は気分安定薬を飲もう
抗(向)精神病薬と抗不安薬
眠れない時は睡眠薬
飲み始めの気分の悪さはあまり気にしないように
医師の指示を守り、正しく飲む
薬を飲んでいる間は極力お酒は飲まないように