Top >  鬱に使われる薬の種類と特徴 >  飲み始めの気分の悪さはあまり気にしないように

飲み始めの気分の悪さはあまり気にしないように

抗鬱薬や、併用するその他の薬の副作用は、

多くの場合、飲み始めてすぐにあらわれるんですね。


薬の効果を感じるより先に、不快感にみまわれる為、

薬の効き目に不安を感じる場合もあるでしょう。


副作用として起こる症状には、

鬱病の身体症状に似ているものもあるんです。


それで、薬で鬱の症状が悪化したと思うパターンもあるようですが、

しばらく飲み続けるうちに、症状が軽減していくんですね。


不快感や辛い症状がある時、

飲み続けても効果が感じられない時も、

勝手に判断して服用を中止してはいけないんです。


まず医師に相談して、

薬について説明を受けたり、

その後の治療の進め方を考えてもらう事が大切です。


鬱病の治療を始める時点で、

すでに何かの持病があって、

薬を飲んでいる人も少なくないんです。


病歴や持病については、問診の時に必ず質問されるはずですが、

それ以外でも普段から飲んでいる薬があったら、

全て医師に知らせるか、実物を持参して見せて下さい。


薬は、飲み合わせによって効果が下がったり、

相乗効果で効き過ぎたりして、

思わぬ害を招く事もあるんです。


市販薬を飲む時も、念の為に報告した方が安心ですね。

         

鬱に使われる薬の種類と特徴

治療を進めていくなかで、
薬を服用する場合があります。
鬱病を改善する為に
薬についての知識を身に付けましょう。

このカテゴリ内の記事


薬物療法では「抗鬱薬」を使用します
薬の効き目は二ー三週間後以降
副作用が出た場合は医師に相談しましょう
気持ちが不安定な時は気分安定薬を飲もう
抗(向)精神病薬と抗不安薬
眠れない時は睡眠薬
飲み始めの気分の悪さはあまり気にしないように
医師の指示を守り、正しく飲む
薬を飲んでいる間は極力お酒は飲まないように







Yahoo!ブックマークに登録