Top >  鬱に使われる薬の種類と特徴 >  薬を飲んでいる間は極力お酒は飲まないように

薬を飲んでいる間は極力お酒は飲まないように

お酒やたばこは、薬の効果を低下させたり、

副作用を招く事があるんですね。


特にお酒は、抗鬱薬と一緒に飲むと、

少量でも酩酊状態になってしまう事があるんです。


お酒を飲むと、その時は

気分が晴れたりもしますが、

鬱病の治療にはならないんです。


かえって病気が悪化したり、依存状態になって

治療に悪影響が出たりしてしまうんですね。


薬とアルコールの相互作用によって、

重大な副作用を起こす事もあるので、

服用期間中の飲酒はできるだけ避けましょう。


たばこと抗鬱薬の関係はまだ明らかではありませんが、

抗鬱薬の血中濃度を下げて効き目を悪くするとも言われており、

実際に、ヘビースモーカーの薬物治療による効果はあまりよくないんです。


抗鬱薬の中でも、三環系抗鬱薬のような、

不安やイライラ、あせりなどを鎮める効果のある薬には、

眠気を起こす作用がある事が多いんですね。


抗鬱薬に、抗不安薬や抗(向)精神病薬を

併用している場合にも、

同じような事があるんです。


服用直後は車の運転を避け、普段車の運転をする人は、

服用を夕食後や就寝前にするように、

主治医に頼んでみましょう(^^)


眠気の副作用が出やすいのは、

飲み始めてすぐの一ー二週間で、

その後は段々とおさまります。

         

鬱に使われる薬の種類と特徴

治療を進めていくなかで、
薬を服用する場合があります。
鬱病を改善する為に
薬についての知識を身に付けましょう。

このカテゴリ内の記事


薬物療法では「抗鬱薬」を使用します
薬の効き目は二ー三週間後以降
副作用が出た場合は医師に相談しましょう
気持ちが不安定な時は気分安定薬を飲もう
抗(向)精神病薬と抗不安薬
眠れない時は睡眠薬
飲み始めの気分の悪さはあまり気にしないように
医師の指示を守り、正しく飲む
薬を飲んでいる間は極力お酒は飲まないように