Top >  鬱に使われる薬の種類と特徴 >  眠れない時は睡眠薬

眠れない時は睡眠薬

不眠が続く、抗鬱薬の催眠効果だけでは効果が見られない時に、

抗不安薬として使われるベンゾジアゼピン系の薬の構造を少し変えて、

催眠効果を高くしたものが、睡眠薬として併用されるんですね。


薬の効き方によっていくつかの種類があります。


寝付けないタイプには超短期または超短期作用型。


夜中に目が覚めるタイプには中期作用型。


朝早く目が覚める早朝覚醒には

中期または長期作用型

というふうに使い分けるんですね。


起きた時に、めまい、ふらつき、

全身倦怠感などの副作用が出る場合があります。


睡眠薬には飲み方があるんです。


就寝三十分前に飲むようになってますが、

「深夜十二時前に就寝する」のが前提なんです。


薬は、体内時計に合わせてつくられていますので、

あまり遅い時間に飲むと、朝まで起きられなくなったり、

起きられてもボーッとしたりするんですね。


本を読みながら寝るのも好ましくありません。


目が冴えて眠れなくなり、

薬の効きが悪くなってしまうんです。


睡眠薬は十二時前に飲み、

早めに就寝するようにしましょう☆★☆

         

鬱に使われる薬の種類と特徴

治療を進めていくなかで、
薬を服用する場合があります。
鬱病を改善する為に
薬についての知識を身に付けましょう。

このカテゴリ内の記事


薬物療法では「抗鬱薬」を使用します
薬の効き目は二ー三週間後以降
副作用が出た場合は医師に相談しましょう
気持ちが不安定な時は気分安定薬を飲もう
抗(向)精神病薬と抗不安薬
眠れない時は睡眠薬
飲み始めの気分の悪さはあまり気にしないように
医師の指示を守り、正しく飲む
薬を飲んでいる間は極力お酒は飲まないように







Yahoo!ブックマークに登録