Top >  世代別の鬱 >  幼児期までは親子関係が原因

幼児期までは親子関係が原因

子供の心の病気は、

家庭環境や親子関係の影響を

大きく受けているものがほとんどなんです。


とりわけ母子関係は、

人間関係の基本になるものなんですね。


乳児期に、母親などの養育者からの愛情を十分に受けずに育つと、

その後の心の発達や性格形成の過程で、

心の病気を発祥する可能性が高くなるみたいです。


生後六ヶ月以上、母親関係が保たれた後に、

離婚や死別等で母親から引き離された乳児に

よく見られる状態に「依存抑鬱」があるんです。


最初は母親を求めてよく泣きますが、

三ヶ月ほど経つと泣かなくなって、

動作が鈍くなったり表情が変化しなくなったりするんです。


睡眠障害や体重減少等が見られたりもします。


十分な母子関係が築かれないまま幼児期を過ごすと、

母親から離れる段階で強い不安が生じ、

抑鬱状態になる事があるんですね。

         

世代別の鬱

年齢や世代別で、鬱の特徴や原因が異なります。
それぞれに対応するにはそれぞれの知識が必要ですね。

世代別にどういった症状や原因があるか
簡単にまとめてみました。

このカテゴリ内の記事


幼児期までは親子関係が原因
就業後は不登校やひきこもりになる
ストレスを溜め込み、自分で辛さを抱えてしまう
昇進、リストラ、失業
老化や環境の変化による
認知症と間違われることが多い
女性の鬱
マタニティー・ブルー、子育て、親の介護
鬱と他の心の病気は関係あるのか?