Top >  世代別の鬱 >  マタニティー・ブルー、子育て、親の介護

マタニティー・ブルー、子育て、親の介護

出産直後の十日ほど、女性ホルモンの変化の影響で、

10ー30%の人が、イライラしたり、

気分が沈む事がありますね。


これを一般的にマタニティー・ブルーといい、

無気力や不安感、集中力の低下等があったりします。


又、周りの人の態度や言葉への反応が過敏になって、

急に泣き出す事もあるんですね。


普通は自然におさまりますが、

数週間も鬱状態が続いたり、数ヵ月後に再発した時には、

産後鬱病の可能性があるんです。


産後鬱病は、育児に対する意欲や自信が持てずに

悲観的になったり、子供に対して愛情が感じられずに

罪悪感を抱いたりするのが特徴なんです。


産後鬱病は母子関係に大きく影響するんですね。


子供の心身の発達を妨げる事もあるので、

早めに治療を受ける事がとても大切です☆


閉経を向かえる時期を更年期といい、

ホルモンバランスの乱れによって、

様々な身体症状があらわれます。


同時に、憂鬱や不安、不眠等の

精神症状が見られる事もあり、

それを原因に鬱病になる事があるんですね。


この年代は、子離れや親の介護等の問題を抱える時期でもあり、

そのストレスも鬱病の要因になりやすいと考えられているんです。

         

世代別の鬱

年齢や世代別で、鬱の特徴や原因が異なります。
それぞれに対応するにはそれぞれの知識が必要ですね。

世代別にどういった症状や原因があるか
簡単にまとめてみました。

このカテゴリ内の記事


幼児期までは親子関係が原因
就業後は不登校やひきこもりになる
ストレスを溜め込み、自分で辛さを抱えてしまう
昇進、リストラ、失業
老化や環境の変化による
認知症と間違われることが多い
女性の鬱
マタニティー・ブルー、子育て、親の介護
鬱と他の心の病気は関係あるのか?