Top >  世代別の鬱 >  老化や環境の変化による

老化や環境の変化による

サラリーマンのとって定年は、

生活そのものが急激に変化する、

とっても大きな出来事になります。


それまで仕事一筋にバリバリ働いてきた人ほど、

喪失感にとらわれて憂鬱な気分になってしまい、

鬱病へと進んでいくパターンも少なくありません。


社会的な地位や経済的な基盤を失う事による不安も、

抑鬱を引き起こす要因になるんです。


老年期になると、家族や配偶者、

親しい人等の死別にのぞむ事が多くなり、

孤独感が募ったり、将来への希望を失ったりするんですね。


又この時期には、

心身の両方であらわれる「老化」によって、

いろんな病気や不調が出てくるんです。


基本的な体力が落ちてくるほか、

視覚や聴覚等の感覚機能、

身体能力や免疫力等も低下するんですね。


健康面への不安や、

病気になった事を悲観して、

鬱病になったりするんです。


老年期の鬱病には、

他の世代とは違う特徴があるんですね。


脳の老化が精神面に影響して、

ストレスに対する抵抗力(ストレス耐性)が弱くなります。


ちょっとした事で精神のバランスを崩し、

心に不調が生じる事が増えるんですね。

         

世代別の鬱

年齢や世代別で、鬱の特徴や原因が異なります。
それぞれに対応するにはそれぞれの知識が必要ですね。

世代別にどういった症状や原因があるか
簡単にまとめてみました。

このカテゴリ内の記事


幼児期までは親子関係が原因
就業後は不登校やひきこもりになる
ストレスを溜め込み、自分で辛さを抱えてしまう
昇進、リストラ、失業
老化や環境の変化による
認知症と間違われることが多い
女性の鬱
マタニティー・ブルー、子育て、親の介護
鬱と他の心の病気は関係あるのか?







Yahoo!ブックマークに登録