Top >  世代別の鬱 >  女性の鬱

女性の鬱

一生の間に鬱病になる割合は、

女性の方が男性の二倍近いと言われているんです。


女性特有のライフサイクルに

女性ホルモンの分泌の変化等の要素が加わり、

鬱病の発症に影響を与えているんですね。


女性ホルモンの分泌は、

月経周期と密接に関わっているんです。


月経前の憂鬱やイライラ、全身の倦怠感やむくみ、

頭が重い等の月経前症候群の症状は、

ホルモンの分泌の変化によって起きているんですね。


女性の鬱病は、年齢によって

かかりやすい時期があるんです。


最初に発症が多くなる三十代は、出産や子育てのストレス、

四十代でいったん減り、次に増える五十代は、

更年期によるホルモンバランスの変化が大きく影響しているんですね。


更に、社会進出によって、

仕事と家庭を両立させようとしてストレスが溜まり、

鬱状態になる女性も増えているんです。

         

世代別の鬱

年齢や世代別で、鬱の特徴や原因が異なります。
それぞれに対応するにはそれぞれの知識が必要ですね。

世代別にどういった症状や原因があるか
簡単にまとめてみました。

このカテゴリ内の記事


幼児期までは親子関係が原因
就業後は不登校やひきこもりになる
ストレスを溜め込み、自分で辛さを抱えてしまう
昇進、リストラ、失業
老化や環境の変化による
認知症と間違われることが多い
女性の鬱
マタニティー・ブルー、子育て、親の介護
鬱と他の心の病気は関係あるのか?