Top >  世代別の鬱 >  昇進、リストラ、失業

昇進、リストラ、失業

働き盛りの人の主な生活の場所は職場なんですね。


サラリーマンなら、仕事の上での成功や失敗、

昇進や転勤、単身赴任、リストラによる失職や転職、

社内の人間関係等、様々な出来事うあトラブルが起こるんです。


この世代の鬱病は、発症の原因によって、

昇進鬱病、リストラ鬱病、上昇停止症候群、燃えつき症候群、

サンドイッチ症候群、テクノストレス症候群等と言われています。


それだけ心理的な負担が多くかかる年代なんですね。


働き盛りの鬱病では、

躁状態と抑鬱状態の両方があらわれる

双極性障害になるパターンがよく見られるんです。


躁状態の時は高揚感があってやる気に満ち、

活発に行動します。


しかし、やり過ぎて人を責めたり喧嘩をしたりするので、

周囲の人は戸惑ったり、信頼しなくなるんですね。


家庭生活では、子供の教育や親子関係、

老いていく両親の介護や死等の出来事が起こります。


子供の独立で夫婦の共通の目標を失って、

別居や離婚を経験する人もいるんです。


又、健康診断等で病気が見つかったり、検査の数値から

生活習慣病のリスクを指摘されて健康に自信を失ったり、

老いを意識するようになるのもこの時期なんですね。


鬱になりやすいのは、必要以上に責任感が強く、

全てを自分で解決しようとしたり、

悩みを抱え込むタイプの人なんです。


家族と話す時間をしっかり確保して、

問題を共有したり、熱中できる趣味等を持って、

仕事とプライベートを切り替える等の工夫が大切なんですね。


友人との付き合いが減ったり、引き篭もる、

イライラ、自分を責める等は

鬱のサインかもしれません。


周囲が敏感に気を配りましょう!

         

世代別の鬱

年齢や世代別で、鬱の特徴や原因が異なります。
それぞれに対応するにはそれぞれの知識が必要ですね。

世代別にどういった症状や原因があるか
簡単にまとめてみました。

このカテゴリ内の記事


幼児期までは親子関係が原因
就業後は不登校やひきこもりになる
ストレスを溜め込み、自分で辛さを抱えてしまう
昇進、リストラ、失業
老化や環境の変化による
認知症と間違われることが多い
女性の鬱
マタニティー・ブルー、子育て、親の介護
鬱と他の心の病気は関係あるのか?







Yahoo!ブックマークに登録