Top >  鬱の治療法について >  医師との面接は大切な治療のひとつ

医師との面接は大切な治療のひとつ

どんな病気でも、医師とのコミュニケーションは大事ですが、

鬱病の治療ではとくに、

患者さんの話を聞く事が基本になるんですね。


じっくり話しを聞いてもらっただけでも

気持ちが軽くなるという人もいるんです。


心療内科や精神科での医師の面接は、

患者さんの今の状態や悩みから問題点を見つけるだけでなく、

精神療法そのものの側面も持っているんです。


それを、一般精神療法、

簡易精神療法と呼ばれているんですね。


鬱病の治療では、薬物療法や、

その他の治療を進める一方で、

定期的な面接を行う事も重要な役割を果たしているんです。


面接は、主治医が患者さんと一対一で行うのが基本ですが、

場合によっては、主治医の指示のもとで、

カウンセラー(臨床心理士)が行う事もあるんですね。


面接では、まず医師は

患者さんの話を聞く事から始まるんです。


この時、医師はそれについて評価や批判はせず、

共感する態度で接し、徹底して聞き役になるんですね。


さらに、患者さんの悩みや苦しみや心の痛み、

解決しようと頑張っている事を認めます。


こうして話を進める事で、患者さんの不安や緊張をほぐし、

自分自身を見直す余裕を持ってもらうんです。


その上で、その時点で分かる、症状や悩みのもとを説明し、

病気は必ず良くなる事、

医師はその為の支えになる事を伝えるんです。


さらに、これからの治療について説明をして、

患者さんが安心して取り組んでもらえる状態をつくっていきます。

         

鬱の治療法について

鬱病を治す為に、様々な治療方法があります。

自分に合った、自分に適した治療方法を見つけて
病気と上手く向き合ってみましょう。

このカテゴリ内の記事


医師との面接は大切な治療のひとつ
解決を見つけ出す手助けをする
大切な精神療法
心の状態を探ってサポートする支持療法
認知療法と対人関係療法
他の精神療法で治療するケースもある
自律訓練法で心と体の緊張をとこう
「眠らない」、「途中で起こす」断眠療法
高照度光照射治療と電気ショック療法