Top >  鬱の治療法について >  「眠らない」、「途中で起こす」断眠療法

「眠らない」、「途中で起こす」断眠療法

鬱病の症状やタイプによっては、

薬物療法や精神療法以外の

特殊な治療法が行われる事があるんです。


断眠療法は、鬱病の背景に、

睡眠・覚醒リズムなどの毎日の生体リズムの障害が

関係しているという考えが基本になっているんですね。


鬱病の患者さんに、よく眠った翌日は抑鬱がひどいというパターンがある事や、

健康な人でも、徹夜明けに気分が高揚して、

心も体も浮き立つような感じがある事を応用したものなんです。


具体的な治療法には、

「全断眠」と「部分断眠」の二種類があるんです。


全断眠は、一晩完全に徹夜して、

翌日も夜まで眠りません。


約四十時間、

全く眠らないで過ごすんですね。


部分断眠は、普段通りに就寝して、

夜中や明け方など、通常より三ー四時間早く起きるんです。


どちらの治療も専門医の監視のもとで行われ、

起きている時間には散策やゲームなどをして過ごすんですね。


鬱病では、睡眠障害があらわれる事が多い事から、

睡眠と覚醒のリズムを人為的に操作して、

病気の改善を目指すものなのです。


副作用もなく、多くのタイプの鬱病に対応しますが、

効果が一過性で長続きしないという弱点があるんですね。


繰り返し行ったり、

薬物との併用で再発予防が期待できるのです。

         

鬱の治療法について

鬱病を治す為に、様々な治療方法があります。

自分に合った、自分に適した治療方法を見つけて
病気と上手く向き合ってみましょう。

このカテゴリ内の記事


医師との面接は大切な治療のひとつ
解決を見つけ出す手助けをする
大切な精神療法
心の状態を探ってサポートする支持療法
認知療法と対人関係療法
他の精神療法で治療するケースもある
自律訓練法で心と体の緊張をとこう
「眠らない」、「途中で起こす」断眠療法
高照度光照射治療と電気ショック療法