Top >  鬱の治療法について >  自律訓練法で心と体の緊張をとこう

自律訓練法で心と体の緊張をとこう

鬱病の発症には、精神的ストレスと、

心身が緊張状態にある事が大きく関わってきますが、

病気になる人は、緊張状態をとく事ができない傾向があるんですね。


自律訓練法は、一種の自己暗示によって心身の緊張をとき、

弛緩(しかん)状態にする方法を身に付けるものなんです。


訓練は段階的に進み、

次第にストレスに対処できるようになるんですo(^-^)o


< 姿勢は三つのうちの好きな姿勢で行う >


○いすに座る


背筋を伸ばしていすに深く座ります。


両足裏は床につけ、

両膝の間は握りこぶし一個分あけます。


膝は直角に曲げ、両手は

手のひらを下にむけて膝の上におきます。


○ゆったりしたいすに座る


リクライニングチェアのようないすに座り、

頭と背中をもたれます。


両腕はひじにかけておきます。


○あおむけになる


あおむけになります。


枕は頭の下におき、

肩に食い込まない程度にします。


両腕を体から少し離し、

手のひらは床に向けます。


ひじは少し曲げ、

両足は少し広げてゆったりとします。


< 好きな姿勢でイメージする >


1、気持ちを落ち着かせます

2、両手両足がとても重いとイメージします

3、両手両足がとても軽いとイメージします

4、心臓が静かに規則正しく動いているとイメージします

5、ラクに呼吸をしているイメージを持ちます

6、おなかがとっても温かいイメージを持ちます

7、ひたいが涼しく感じられます

         

鬱の治療法について

鬱病を治す為に、様々な治療方法があります。

自分に合った、自分に適した治療方法を見つけて
病気と上手く向き合ってみましょう。

このカテゴリ内の記事


医師との面接は大切な治療のひとつ
解決を見つけ出す手助けをする
大切な精神療法
心の状態を探ってサポートする支持療法
認知療法と対人関係療法
他の精神療法で治療するケースもある
自律訓練法で心と体の緊張をとこう
「眠らない」、「途中で起こす」断眠療法
高照度光照射治療と電気ショック療法