Top >  鬱病を発症しやすい人 >  鬱になりやすいのは「真面目でいい人」

鬱になりやすいのは「真面目でいい人」

鬱病の発祥にはストレスが大きく影響します。


その背景には、鬱病になりやすい性格や体質が、

関わっていると考えられているんです。


鬱病になりやすいとされる性格として、

「メランコリー親和性性格」「執着性性格」「循環性格」

の、三つのタイプが知られているんですね。


これらの性格は、いずれも、

「真面目でいい人」と、

周囲から言われるような共通点があるようです。


責任感や正義感が強い、弱音を吐かない、

頼まれたら断れない、仕事熱心、完璧主義、

献身的で職場等での評価も高い人物です。


しかし、頑固で融通がきかないというところもありますσ(^_^;)


一方で気持ちの切り替えが上手くできない為、

一度の失敗をいつまでもひきずって慎重になったり、

人の目を必要以上に気にし過ぎたりするんです。


こういった性格は、精神的なもろさを

合わせ持っている事が多く、ストレスを重く感じたり、

溜め込みやすい傾向があるんですね。


「メランコリー親和性性格」


とても几帳面である、誠実だ、秩序を重んじている、保つ。


→ 環境の変化に対応するのが苦手である。


「執着性性格」


生真面目・几帳面である、正義感・責任感が強過ぎ、

何事にも徹底的。


→ 何が大切か判断ができず、

仕事量が増えると手の付け所が分からない。


「循環性格」


人当たりがいい、親切である、明るく振る舞う、周りに気を遣う、

気分の浮き沈みが激しい、社交的・人付き合いがいい、ユーモアだ。


→ 気を遣い過ぎてしまいとても疲れる、自分を見失う。

         

鬱病を発症しやすい人

鬱は辛い状態が続くだけではなく、
嬉しい状態が続いても発症するんです。

又、鬱になりやすい人がいるのも事実なんですね。

鬱を改善する為には、どんな状態の時にどんな人が
なりやすいのかを知っておく事も大切なんです。

このカテゴリ内の記事


きっかけはストレス
職場での出来事、就職
女性の鬱になりやすい要因
中高年になると、その後の生活がきっかけに
病気が引き金に・・・
鬱になりやすいのは「真面目でいい人」
ストレスとの関係
ストレスよる心身の様々な症状
鬱を呼ぶ身体の病気
鬱を招く不安を起こしやい病気
合併症としての鬱病発祥
薬の影響で鬱になる場合もある