Top >  鬱病を発症しやすい人 >  薬の影響で鬱になる場合もある

薬の影響で鬱になる場合もある

何かの病気の治療薬の副作用として、

鬱病が起こる事もあるんですね。


鬱病を発祥させる可能性のある薬は、


抗(向)精神病薬、パーキンソン病治療薬、抗てんかん薬、

抗がん薬、降圧薬、消化性潰瘍治療薬、抗結核薬、

経口避妊薬(ピル)、副腎皮質ホルモン剤、抗生物質


等があげられます。


その中でも可能性の高いものが、

降圧薬や副腎皮質ホルモン剤なんです。


レセルピンという降圧薬は、

服用した人の十五%ー二十%が鬱状態になると言われており、

服用期間が長くなるほど割合が高くなるようです。


症状は、睡眠障害、不安や躁鬱、

全身の倦怠感、意欲低下等あります。


副腎皮質ホルモン剤で精神症状があらわれるのは二ー三%で、

躁状態がよく見られるほか、

鬱状態になるパターンもあるみたいです。


ウィルス性肝炎で使われるインターフェロン製剤や、

点鼻薬の酢酸プレリンでも、

鬱状態になる事があるんです。


薬が原因で鬱状態になった場合は、

服薬量を減らしたり中止したりすれば

改善されるのが普通なんです。


又、すでに鬱病や鬱状態がある人は、

これらの治療薬で症状が悪化する事があります。


薬を処方してもらう時には、

遠慮せず主治医に相談しましょう(^^)


薬以外でも、手術等、

治療の過程で鬱病を発祥する事もあるんですね。


お医者さんから十分な説明を受け、

安全第一に行われるとしても、やはりどうしても不安が伴い、

そこから発症してしますようです。


これを「手術前症候群」といい、

鬱病の引き金になる事があるんですね。

         

鬱病を発症しやすい人

鬱は辛い状態が続くだけではなく、
嬉しい状態が続いても発症するんです。

又、鬱になりやすい人がいるのも事実なんですね。

鬱を改善する為には、どんな状態の時にどんな人が
なりやすいのかを知っておく事も大切なんです。

このカテゴリ内の記事


きっかけはストレス
職場での出来事、就職
女性の鬱になりやすい要因
中高年になると、その後の生活がきっかけに
病気が引き金に・・・
鬱になりやすいのは「真面目でいい人」
ストレスとの関係
ストレスよる心身の様々な症状
鬱を呼ぶ身体の病気
鬱を招く不安を起こしやい病気
合併症としての鬱病発祥
薬の影響で鬱になる場合もある