Top >  鬱病を発症しやすい人 >  ストレスとの関係

ストレスとの関係

鬱病には、発祥しやすい性格や体質があるんですね。

最大の原因になるのはストレスなんです。


鬱病になりやすい要素を持った人が、

大きなストレスにさらされたり長い期間続いたりした時、

心や身体に様々な不調があらわれます。


ストレス社会といわれている現代、

鬱病を発祥する人は増え続けているんです。


以前は大人だけの病気とされていましたが、

子供や青年にも鬱がある事が分かってきているんですね。


人間には、常に様々な刺激を

心身に受けながら生きているんです。


ゴムボールを指で押すと、凹みができるのと同様、

外からの刺激に反応して生体は変化するんですね。


医学ではこの「外部からの刺激」を、

ストレスをつくるものという意味で

「ストレッサー」と言います。


ストレッサーによって生じる、

心身のゆがみや変調といった生体の反応を

「ストレス」と定義しているんですね。


ストレッサーは、、、


暑さや寒さや騒音、

大気汚染等の物理的・化学的ストレス。


睡眠不足や空腹、過労等の生理的ストレス。


人間関係の問題や、緊張、不安、怒り、失望等の

心理的・社会的ストレス。


これらの三つに大きく分ける事ができるんです。

         

鬱病を発症しやすい人

鬱は辛い状態が続くだけではなく、
嬉しい状態が続いても発症するんです。

又、鬱になりやすい人がいるのも事実なんですね。

鬱を改善する為には、どんな状態の時にどんな人が
なりやすいのかを知っておく事も大切なんです。

このカテゴリ内の記事


きっかけはストレス
職場での出来事、就職
女性の鬱になりやすい要因
中高年になると、その後の生活がきっかけに
病気が引き金に・・・
鬱になりやすいのは「真面目でいい人」
ストレスとの関係
ストレスよる心身の様々な症状
鬱を呼ぶ身体の病気
鬱を招く不安を起こしやい病気
合併症としての鬱病発祥
薬の影響で鬱になる場合もある







Yahoo!ブックマークに登録