Top >  日常生活で鬱を改善! >  家族・職場に理解してもらおう

家族・職場に理解してもらおう

ストレスに対処できず、気分がふさいで心が辛い時や、

自分が心の病気ではないかと思った時は、

一人で解決したりせず、周りの助けを求める事が大切なんですね。


鬱病は、悩みやストレスを一人で抱え込む事が

発症の原因になったり、

治療を遅らせる事につながるんです。


職場や学校でのトラブルや、人間関係の悩み、

仕事のプレッシャー、育児や家事の辛さなど、

遠慮をせずに誰かに聞いてもらいましょう(^^)


また、鬱病になった場合、治療には休養など、

生活そのものを見直す事が欠かせないんですね。


まず、生活を共にしている家族に悩みを打ち明け相談し、

話を聞いてもらう事から始めましょう☆


精神科や心療内科などの診察に付き添ってもらったり、

治療中や回復後の生活にも、

家族のサポートが大きな力になるんです。


社会人の場合、抑鬱の原因となるストレスなどは、

職場の人間関係や仕事上の環境に

影響されているパターンが多いものです。


仕事第一で真面目な人ほどストレスをため込みやすく、

鬱病を発症しやすいんですね。


その為そういう人は同時に

ギリギリまで頑張ってしまいがちで、

それも鬱病の要因になってしまうんです。


辛さを感じたら、

信頼できる上司や同僚などに相談をしましょう。


仕事の量や種類を調整してもらったり、

頼める作業は替わってもらったり、

ストレスは軽減できるんです。


鬱病と診断された時は、休暇をとったり、

仕事内容や勤務時間を負担が少ないように

変えてもらう必要が出てくるんですね。


その場合、言い出しにくいかもしれませんが、

事情を話して理解してもらっておいた方が治療に専念でき、

回復後の再発を防ぐ事にもつながるんです★

         

日常生活で鬱を改善!

日々の生活の中でも、
鬱を改善する為の工夫ができます。

睡眠のリズムを戻したり、
リラックス方法を見つけたり・・・

その具体的な方法の提案です。

このカテゴリ内の記事


家族・職場に理解してもらおう
会社や職場、産業医
生活のリズムを朝方にしましょう
日光を浴びよう!
安眠できる環境づくりを心がけよう
ぐっすり眠る為に大切な事
ストレスを減らす工夫
仕事以外で夢中になれる事を探そう
自分なりの楽しみを見つけよう♪
リラックスしよう☆
再発防止への心がけ
社会復帰にむけて「ちょい慣れ」していこう