Top >  日常生活で鬱を改善! >  会社や職場、産業医

会社や職場、産業医

企業などが、働く人の健康をサポートする為に、

職場の中に設けている健康管理室などには、

産業医と呼ばれる医師が配置されているんです。


産業医として精神科の医師や

カウンセラーがいるところもあって、

心の不調の相談に乗ってもらえるんですね。


また内科の産業医であっても、

心療内科や精神科との

連携ができているはずなんです。


職場に産業医がいれば、

直接に医師のアドバイスを受ける事ができますから、

抵抗を持たず、ぜひ、利用しましょう(^^)


鬱になったら周囲の人たちに

協力してもらう事が大切なんです。


自分の事は自分で解決しようとする人がいますが、

悩みは抱え込まず、家族に相談しましょう。


話をするだけで、

気持ちがラクになる場合もあるんです。


上司に言いにくい事ではありますが、

鬱になった事を打ち明け、休暇をもらうなり、

仕事を軽減してもらうようにお願いしましょう。


心の病気ではないかと精神科を受診しようと思った時、

健康保険を使うと、会社に分かってしまうのではないかと

心配する人もいるみたいです。


健康保険には、同業種の企業が集まって組織された

「組合管掌健康保険」と、

政府が運営する「政府管掌健康保険」があるんですね。


政府管掌健康保険の加入者なら、

勤め先には受診を知られないんです。


組合管掌健康保険の場合は、

健康保険組合に医療費の通知が届き、

医療機関は特定できるんです。


その情報は人事や職務上で

使用する事が禁じられていますが、

違法行為がないともいえないんですね。


万が一を考えるなら、

精神科とは多少なりとも印象が違う

心療内科を受診してみましょう。


また、事情を話して内科を受診し、

抗鬱薬などを処方してもらう方法もあるんです。

         

日常生活で鬱を改善!

日々の生活の中でも、
鬱を改善する為の工夫ができます。

睡眠のリズムを戻したり、
リラックス方法を見つけたり・・・

その具体的な方法の提案です。

このカテゴリ内の記事


家族・職場に理解してもらおう
会社や職場、産業医
生活のリズムを朝方にしましょう
日光を浴びよう!
安眠できる環境づくりを心がけよう
ぐっすり眠る為に大切な事
ストレスを減らす工夫
仕事以外で夢中になれる事を探そう
自分なりの楽しみを見つけよう♪
リラックスしよう☆
再発防止への心がけ
社会復帰にむけて「ちょい慣れ」していこう