Top >  日常生活で鬱を改善! >  社会復帰にむけて「ちょい慣れ」していこう

社会復帰にむけて「ちょい慣れ」していこう

治療の為に休職をしていた場合は、

まず復職したいという気持ちを伝えましょう。


復帰の時期の見極めは、本人の希望はもちろんですが、

主治医の判断が必要なんですね。


仕事の負担に耐えられるまでに回復したかどうかは、

診察の時だけでなく、

普段の生活ぶりが参考になるんです。


家族が見た様子も、

医師に報告するとよいですね。


大規模な企業などでは健康管理室などが窓口になったり、

外部の専門機関と提携して対応しているところもあるみたいです。


この時、医師の診断書を提出し、場合によっては

本人と産業医や職名の人事労務担当者との面接も実施して、

復帰が可能かどうかが検討され、復職できるかどうかが決まるんですね。


中小企業や自営業では、

主治医の判断が決めてになるんです。


地域の産業保健センターのような

公的保健機関などに相談してもよいですね。


復職しても、仕事の量や質は、

いきなり100%に戻す事はできませんし

やってはいけません。


しばらくは「慣らしの運転」のつもりで、

ゆっくり、段階的にペースを取り戻していくのが大切です。


出勤や退社の時間をずらして通勤を楽にしたり、

就業時間や仕事の量も通常の数割から始めるんですね。


仕事の内容も、時間に追われるものは避け、

軽作業などの自分のペースで進められるものを

選んでもらいましょう。


同僚や仲間に迷惑をかけたとか、

遅れを早く取り戻そうなどと考えてはいけません。


そのあせりがストレスを招くんです。


通常の勤務時間に戻ってからも、残業や急ぎの仕事は避け、

通院の為の遅刻や早退ができるように

配慮してもらいましょうね(^-^)

         

日常生活で鬱を改善!

日々の生活の中でも、
鬱を改善する為の工夫ができます。

睡眠のリズムを戻したり、
リラックス方法を見つけたり・・・

その具体的な方法の提案です。

このカテゴリ内の記事


家族・職場に理解してもらおう
会社や職場、産業医
生活のリズムを朝方にしましょう
日光を浴びよう!
安眠できる環境づくりを心がけよう
ぐっすり眠る為に大切な事
ストレスを減らす工夫
仕事以外で夢中になれる事を探そう
自分なりの楽しみを見つけよう♪
リラックスしよう☆
再発防止への心がけ
社会復帰にむけて「ちょい慣れ」していこう