Top >  鬱と鬱病の状態について >  現実とかけ離れる思考

現実とかけ離れる思考

何事にも後ろ向き、ネガティブになる傾向は、

考え方そのものに影響して、現実とは違う事を、

かたくなに頑固に思い込む「妄想」があらわれます。


妄想は、悲観的、否定的、

マイナス思考に向かうのが特徴です。


実際には十分に生きていける状態なのに、

お金がない、借金が不安、破産するなどの心配が、

どうしようもなく止まらなくなる「貧困妄想」。


取り返しのつかない罪を犯してしまった等、

自分は周囲や世に迷惑をかけたと思い込んで、

そのおわびをしなければならないと考える「罪業妄想」。


罪業妄想の場合、

死んでおわびをするべきだ→死んだ方が良い、ラクだ、

と考えてしまい、自殺願望に繋がります。


これといった病気もないのに、

些細な身体の痛みを不治の病にかかっているかも、

又、親が死んでしまうのではないか?

等と考えてしまうこともあります。


鬱病の特徴の一つとして、

憂鬱に襲われた時、そこから抜け出す発想ができません。


仕事が辛いと感じた時、

辛い→休みたい→休むと迷惑がかかる→辛くて仕方ない→でも休めない、

というように、マイナス思考が堂々巡りをする、

「ぐるぐる思考」にはまってしまします。


頭の中が柔軟な対応ができなくなっている状態です。

         

鬱と鬱病の状態について

「鬱」は、人によってその症状が違うんですね。
精神的な症状だけでなく、身体の病気?
と思うくらい、身体にいろんな症状があらわれるんです。

症状や基礎知識について、具体的に紹介しました。

このカテゴリ内の記事


鬱(うつ)と憂鬱(ゆううつ)の違い
鬱が起きる原因
躁鬱(そううつ)と鬱(うつ)の二つの鬱
基本症状は多くの精神的なもの
やる気がでない、行動ができない
現実とかけ離れる思考
集中力や思考力の低下と自殺願望
睡眠障害
味覚の変化、食欲、性欲の低下
消化器の症状
鬱だと感じたら医師へ相談しよう
自分に合った医師を探そう
精神科?心療内科?どっち??
症状があったら、すぐに受診しよう
近くの保健所や保健センターを利用しよう!