Top >  鬱と鬱病の状態について >  基本症状は多くの精神的なもの

基本症状は多くの精神的なもの

憂鬱感は、鬱病の代表的な精神状態です。

しかし、「普通の憂鬱」と「鬱病の時の憂鬱」には

大きな違いがあるのです。


先ず、憂鬱の程度が物凄く強いことがあげられます。


通常なら、気分がちょっと落ち込むぐらいで、

日常生活は普段通りにできます。


「鬱病の時の憂鬱」は、

気力や集中力が極度に低下し、家事や仕事ができなくなります。


日常生活に支障が出るほど深い深い憂鬱感に襲われ、

引き篭もりになってしますケースも多いです。


その状態が二週間以上、毎日毎日続きます。

鬱病では考え方が悲観的になり、現実的でなくなります。

あんなにポジティブでプラス思考だった人が、

激しくネガティブになりマイナス思考になるんですね。


さほど気にする必要性のない心配を、

人の何億倍も心配してしまったり、

簡単な出来事を酷く重大に考えたりしてしまいます。


周囲の人が説明しても聞き入れる事ができず、

理屈にしか感じません。


なんでも悪い方向に考えてしまい、

前向きに発想することができなくなってしまいます。


物凄く悲しく寂しい気分になり、

周囲に劣等感を抱き、強い不安感から、

いてもたってもいられず落ち着くことができません。


酷い時は、妄想や幻覚、

意識混濁などの症状が出ることもあります。

         

鬱と鬱病の状態について

「鬱」は、人によってその症状が違うんですね。
精神的な症状だけでなく、身体の病気?
と思うくらい、身体にいろんな症状があらわれるんです。

症状や基礎知識について、具体的に紹介しました。

このカテゴリ内の記事


鬱(うつ)と憂鬱(ゆううつ)の違い
鬱が起きる原因
躁鬱(そううつ)と鬱(うつ)の二つの鬱
基本症状は多くの精神的なもの
やる気がでない、行動ができない
現実とかけ離れる思考
集中力や思考力の低下と自殺願望
睡眠障害
味覚の変化、食欲、性欲の低下
消化器の症状
鬱だと感じたら医師へ相談しよう
自分に合った医師を探そう
精神科?心療内科?どっち??
症状があったら、すぐに受診しよう
近くの保健所や保健センターを利用しよう!