Top >  鬱と鬱病の状態について >  消化器の症状

消化器の症状

消化器の症状が生じることもよくあることです。


よく見られるのは、下痢や便秘、吐き気、嘔吐、

胃のもたれやむかつき、お腹の張りを感じる膨満感等です。


他にも、めまいや耳鳴り、目の疲れ、

口や喉の渇き、詰まり感、胸の圧迫感や息苦しさ、動悸、息切れ、

全身の汗や寒気等、人それぞれ個人によって様々な症状があらわれます。


どんな症状がどんな風にあらわれるか、その程度等は個人差がありますが、

ひとつの症状だけではなく、身体のあちこちにいくつかの症状が、

同時に出てくるケースもあります。


何かの病気を恐れて病院やクリニックで診察を受けても、

実際にその部分に病気はなく、

異常が見つからないということが多いです。


専門外の医師の診察を受けた場合、

あらわれている症状だけをとらえて、

別の病気に誤診されることもあります。


原因に思いあたるところがなく、

いろいろな身体症状がおさまらない時は、

鬱病の可能性があることを知っておきましょうね。


ただし、検査で異常が見つからなければ、

必ず鬱病というわけでもありません。


専門医の診断が必要とされます。

         

鬱と鬱病の状態について

「鬱」は、人によってその症状が違うんですね。
精神的な症状だけでなく、身体の病気?
と思うくらい、身体にいろんな症状があらわれるんです。

症状や基礎知識について、具体的に紹介しました。

このカテゴリ内の記事


鬱(うつ)と憂鬱(ゆううつ)の違い
鬱が起きる原因
躁鬱(そううつ)と鬱(うつ)の二つの鬱
基本症状は多くの精神的なもの
やる気がでない、行動ができない
現実とかけ離れる思考
集中力や思考力の低下と自殺願望
睡眠障害
味覚の変化、食欲、性欲の低下
消化器の症状
鬱だと感じたら医師へ相談しよう
自分に合った医師を探そう
精神科?心療内科?どっち??
症状があったら、すぐに受診しよう
近くの保健所や保健センターを利用しよう!