Top >  鬱と鬱病の状態について >  自分に合った医師を探そう

自分に合った医師を探そう

医師との信頼関係は、どんな病気の治療でも、

技術や施設などと同じくらい重要ですが、

鬱のような心の病気では、更に重要で大切なポイントになります。


患者さんの話をろくに聞かず自己主張ばかりで、

薬だけを処方して診察を終えるような医師では、

心や精神の病気の順調な回復は望めません・・・。


医師の仕事は忙しいものですが、

その中でも時間をさいて対応してくれること、

患者さんの話をじっくり聞いてくれることが大切です。


よくなってもらおうとする熱意が

感じられることなどを見極めて医師を選ぶのも、

順調な治療のポイントです。


自分の思いを聞いてくれ、それにうなずいてくれる。

そして欲しい言葉をかけてくれ、アドバイスしてくれる。

まるで会話のキャッチボールができている。


そんな主治医に出会えたら望ましいですね(^^)

きっと治療の回復も早いでしょう。


とにかくじっくり話しを聞いてくれる

自分に合った医師にかかりましょう。


その為には、何度も何度も違う病院、クリニックに行ったり、

転院を繰り返したりするかもしれません。


しかしそれは治療の為なので、

悔やんだり後悔したりする必要は全くありません(^^)


じっくり見極めて医師を選びましょう。

         

鬱と鬱病の状態について

「鬱」は、人によってその症状が違うんですね。
精神的な症状だけでなく、身体の病気?
と思うくらい、身体にいろんな症状があらわれるんです。

症状や基礎知識について、具体的に紹介しました。

このカテゴリ内の記事


鬱(うつ)と憂鬱(ゆううつ)の違い
鬱が起きる原因
躁鬱(そううつ)と鬱(うつ)の二つの鬱
基本症状は多くの精神的なもの
やる気がでない、行動ができない
現実とかけ離れる思考
集中力や思考力の低下と自殺願望
睡眠障害
味覚の変化、食欲、性欲の低下
消化器の症状
鬱だと感じたら医師へ相談しよう
自分に合った医師を探そう
精神科?心療内科?どっち??
症状があったら、すぐに受診しよう
近くの保健所や保健センターを利用しよう!