Top >  鬱と鬱病の状態について >  集中力や思考力の低下と自殺願望

集中力や思考力の低下と自殺願望

鬱病で集中力が低下すると、簡単な計算ができなくなったり、

思考のペースがゆっくりになり、

物事を決断したり判断したりするのが難しくなるんです。


前はできていたのに、なぜ?

といった感覚です。


何かで発言を求められても、考えがまとめれず、

言葉が出てこなかったり、泣いてしまったり、

とっさに行動が起こせない、物覚えが悪くなったりします。


精神状態が自分に自身が持てなくなり、

仕事や家庭での重要な物事の決断だけでなく、

日常的な簡単なことも、考え込んで決めれません。


マイナス思考は自分自身にも向かいます。


ちょっとしたミスや不快な出来事を非常に過大にとらえて、

マイナス面ばかりを気にし後悔しますが、

それが前向きに生かすことができず、自己否定が強くなります。


物事に対して良い面を否定し、悪いところばかりを探し、

他の可能性や中間の過程を無視して、

一気に自己結論を出そうとするんです。


「どうせ自分は」「自分には価値がない」「人間失格」

といった考えにとらわれます。


「生きるのが辛い、死んだ方がラクなのかも・・・」

「夢も希望も将来も何もない、お先真っ暗・・・」


と、どんどん自殺願望へと精神が繋がっていきます。


この自殺願望を、

「希死念慮」「自殺念慮」と言います。


しかしこの思いはあくまで病気がそう思わせているんです。

         

鬱と鬱病の状態について

「鬱」は、人によってその症状が違うんですね。
精神的な症状だけでなく、身体の病気?
と思うくらい、身体にいろんな症状があらわれるんです。

症状や基礎知識について、具体的に紹介しました。

このカテゴリ内の記事


鬱(うつ)と憂鬱(ゆううつ)の違い
鬱が起きる原因
躁鬱(そううつ)と鬱(うつ)の二つの鬱
基本症状は多くの精神的なもの
やる気がでない、行動ができない
現実とかけ離れる思考
集中力や思考力の低下と自殺願望
睡眠障害
味覚の変化、食欲、性欲の低下
消化器の症状
鬱だと感じたら医師へ相談しよう
自分に合った医師を探そう
精神科?心療内科?どっち??
症状があったら、すぐに受診しよう
近くの保健所や保健センターを利用しよう!