Top >  鬱と鬱病の状態について >  味覚の変化、食欲、性欲の低下

味覚の変化、食欲、性欲の低下

食欲の低下もよく見られる症状のひとつです。

食事を抜いたり、食べる量が一気に減る為、

1ヶ月に4ー5kg体重が落ちてしまうこともあります。


おいしいもの、旬のものを楽しもうという意欲も全くありません。

好物だったものを食べても全く何も感じないんですね。


それとは反対に、

食欲が異常に増進する「過食」が見られるケースもあります。


特に、ごはんやパン、麺類等の炭水化物を大量に食べるようになったり、

それまで甘いものが好きではなかった人が、

ケーキやチョコ、大福等をたくさん欲しがり太ってしまいます。


以前は全く飲まなかったのに、

急に炭酸飲料を大量摂取するケースもあるようです。


この行動は、おいしいから食べるという健康的な食欲によるものではなく

不安や、満たされない心を補おうとしてあらわれるものです。


又、鬱が回復する過程で、

一時的に甘いものが食べたくなるケースもあります。


食欲の変化と共に、性欲低下もよく見られるケースです。

異性への性的な関心、性行為に対する意欲がなくなります。


男性は、勃起障害、射精障害等がみられます。


女性は、月経不順や無月経等、

女性ホルモンの分泌に関した症状があらわれたりします。


又、身体に対する疲労感、身体の様々な部分に痛みを感じることも多く、

たくさんの痛みの症状があります。


なかでも多いのが頭痛です。

鬱病からくる頭痛は、市販の鎮痛薬ではほぼ改善できません。

         

鬱と鬱病の状態について

「鬱」は、人によってその症状が違うんですね。
精神的な症状だけでなく、身体の病気?
と思うくらい、身体にいろんな症状があらわれるんです。

症状や基礎知識について、具体的に紹介しました。

このカテゴリ内の記事


鬱(うつ)と憂鬱(ゆううつ)の違い
鬱が起きる原因
躁鬱(そううつ)と鬱(うつ)の二つの鬱
基本症状は多くの精神的なもの
やる気がでない、行動ができない
現実とかけ離れる思考
集中力や思考力の低下と自殺願望
睡眠障害
味覚の変化、食欲、性欲の低下
消化器の症状
鬱だと感じたら医師へ相談しよう
自分に合った医師を探そう
精神科?心療内科?どっち??
症状があったら、すぐに受診しよう
近くの保健所や保健センターを利用しよう!







Yahoo!ブックマークに登録