Top >  鬱と鬱病の状態について >  躁鬱(そううつ)と鬱(うつ)の二つの鬱

躁鬱(そううつ)と鬱(うつ)の二つの鬱

鬱の症状は、憂鬱な気分が続くだけではありません。

気持ちが異常に高ぶる、

正反対の躁状態があらわれることもあります。


躁状態では、気力ややる気が満々で、

今まで沈んでいた自分が嘘かのように、

行動が活発的になります。


いろんなことがやってみたくなったり、

いろんな所へ出掛けてみたくなったり、

異常に活動的になるんですね。


反面、自分に自身たっぷりになってしまい、

人を責めたり怒りっぽくなったりします。

鬱には、鬱状態だけを繰り返す、単極性鬱と、

鬱と躁が混じ合う、双極性鬱の、

二つのタイプがあるんです。


躁状態は、周りや傍から見ると良い状態のように見えるのですが、

言動が激しくなり過ぎてトラブルが起きやすくなることもあります。


又、鬱状態で身体が活動してなかった分、

急に活発的になり、たくさん活動し、身体を動かすので、

物凄い疲れを感じてしまいます。


相当な身体の負担になります。


本人にとっては、とても苦しい状態なのです。


自分自身をコントロールできなくなっています。


周りや周囲の支えや注意が必要な時期です。


十分なケアが必要です。

         

鬱と鬱病の状態について

「鬱」は、人によってその症状が違うんですね。
精神的な症状だけでなく、身体の病気?
と思うくらい、身体にいろんな症状があらわれるんです。

症状や基礎知識について、具体的に紹介しました。

このカテゴリ内の記事


鬱(うつ)と憂鬱(ゆううつ)の違い
鬱が起きる原因
躁鬱(そううつ)と鬱(うつ)の二つの鬱
基本症状は多くの精神的なもの
やる気がでない、行動ができない
現実とかけ離れる思考
集中力や思考力の低下と自殺願望
睡眠障害
味覚の変化、食欲、性欲の低下
消化器の症状
鬱だと感じたら医師へ相談しよう
自分に合った医師を探そう
精神科?心療内科?どっち??
症状があったら、すぐに受診しよう
近くの保健所や保健センターを利用しよう!